主材

仏壇は、毎回買い換えるものではありません。
だからこそ、すこし価格が高くても、長く持つことが出来るように質のいいものを選ぶと良いでしょう。
仏壇において主材は、価格を左右するものの一つです。
主材は、芯材に天然物の原木を練りつけていきます。
練りつけ方にもランクがあり、最も高級なのが四方練り、最も安価なのが薄くした板を貼る突板貼りです。
他にも、木目模様の印刷が施された転写印刷などがあり、最も安いということと、長く使っていると剥がれる傾向にあります。

仏壇の芯材にも数多くの素材と種類があり、それぞれに違いがあります。
総無垢といって、練りつけをしないものが最も高級なものになります。
ですが練りつけをしないため、素材が割れてくるなどが生じやすくなってしまいます。
原木を使わずに作ることも出来ます。
細かな木片の寄せ集めから成る集成材の価格は安くなります。
集成材よりも安いもので圧縮ボードといって、紙などを圧縮したものもあります。
こういった寄せ集めで作られた合成材は、湿気・衝撃には強くないものです。
接着剤に有害物質を使用していないかどうかも確認が必要です。

仏壇を長く使いたいのであれば、主材選びは重要になってきます。
高級な、値段の高いものを選ぶのか、安く抑えたいのかはその人次第です。
主材も極端に高いものと低いものがあるのではなく、二方練りなど中間のものもあります。
価格が高いほど、質も上がるので長く使えます。
そういったことも踏まえて、選んでいきましょう。